町立保育所における児童のマスクの着用について(令和4年6月7日掲載)

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、ご協力いただきありがとうございます。

 就学前の子どものマスクの着用については、以下のとおり、国から取扱いが示されています。

・2歳未満(乳幼児)は、引き続き、マスク着用は奨めない。

・2歳以上は、以下のとおり、オミクロン株対策以前の新型コロナウイルス対策の取扱いに戻す。

「保育所等では、個々の発達の状況や体調等を踏まえる必要があることから、他者との身体的距離にかかわらず、マスク着用を一律には求めない。なお、施設内に感染者が生じている場合などにおいて、施設管理者等の判断により、可能な範囲で、マスクの着用を求めることは考えられる。」

 

 町立保育所では国の取扱いに従い、令和4年5月下旬から、全ての年齢のクラスにおいて、マスクの着用を一律には求めないこととしています。

 引き続き、各家庭において感染防止策を講じていただきますようお願いいたします。

この記事に関するお問い合わせ先

福祉課 児童福祉係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)957-4161
お問い合わせはこちらから

更新日:2022年06月07日