児童手当

児童手当について

子ども、子育て支援の適切な実施を図るため、父母その他の保護者が子育てについての第一義的責任を有するという基本的認識の下に、児童を養育している者に児童手当を支給することにより、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的としています。

支給対象

中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方。一般的には父母の内の生計中心者(所得が高い方の人)が支給対象になります。

支給額

児童手当の支給額

児童の年齢

児童手当の額(1人当たり月額)
3歳未満 一律15,000円
3歳以上小学校修了前 10,000円(第3子以降は15,000円)
中学生 一律10,000円

※児童を養育している方の所得が所得制限限度額(参考:添付ファイル「児童手当について」)以上の場合は、特例給付として月額一律5,000円を支給します。

※「第3子以降」とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童の内、3番目以降をいいます。

支給時期

原則として、毎年6月、10月、2月に、それぞれの前月分までの手当を支給します。

(例)6月の支給日には、2月から5月分の手当を支給します。

手続きに必要なもの

  1. 認印
  2. 請求者名義の金融機関口座
  3. 請求者本人の保険証のコピー(必要に応じて年金加入証明書を添付)
    「健康保険被保険者証 ・船員保険被保険者証・私立学校教職員共済加入者証・全国土木建築国民健康保険組合員証・日本郵政公社共済組合員証・文部科学省共済組合員証(大学等支部に限る)・共済組合員証のうち勤務先が独立行政法人又は地方独立行政法人であることが明らかなもの」
    以外の保険証の場合は、保険証のコピーだけではなく、年金加入証明書が必要です。
  4. 請求者及び配偶者の所得・課税証明書
    1月1日現在大山崎町に居住していなかった場合のみ必要です。
  5. 個人番号(マイナンバー)がわかるもの。個人番号カード(写真付)もしくは通知カードもしくは個人番号が記載された住民票の写し等

現況届について(毎年6月に提出)

現況届は、毎年6月1日の状況を把握し、6月分以降の児童手当等を引き続き受ける要件(児童の監督や保護、生計同一関係など)を満たしているかどうかを確認するためのものです。毎年6月頃に、対象者に郵送いたします。

※提出が無い場合には、6月分以降の手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。

添付ファイル

第1子出生や大山崎町に転入された場合等、児童手当を大山崎町で受給していない方が、新規請求する場合

既に児童手当を大山崎町で受給している方で、出生等により、支給対象となる児童の数が変わる場合

大山崎町での受給資格が、転出等により消滅する場合

氏名、住所、振込口座等を変更される場合

※振込口座は、請求者名義のものに限られます。

単身赴任等により、受給者と児童が別居する場合

※児童が大山崎町以外に住所を有する場合は、その児童の住民票謄本の提出が必要

この記事に関するお問い合わせ先

福祉課 児童福祉係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)957-4161
お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年05月19日