6月14日一般質問 岸 孝雄 議員

1.上皇の京都滞在や大河ドラマ放映を見据えた観光政策について

 今上陛下ご退位後の京都滞在に関して、京都の各界が「双京構想」の実現に向けて準備を進めているところである。また、大河ドラマ「麒麟がくる」の制作が決定され、本町の観光振興においては大きな機会であると考える。これらの機会を捉えた観光政策について、町長のご見解をお聞きする。

2.働き方改革の取り組みと住民参画まちづくりのあり方について

 全国的に「働き方改革」の取り組みが推進され、全国の各自治体においても、さまざまな取り組みが進められているようであるが、その一方で住民参画型のまちづくりの推進も大きな課題となっている。
 本町はベッドタウンの側面もあり、住民構成から見ても他市町での勤務者が多くを占めている実情を踏まえて、この二つの課題をバランスよく推進する必要があると考えるが、町長のご見解をお聞きする。

3.地域学校協働活動の推進について

 地域の高齢者やPTA、企業、団体等の幅広い地域住民等の参画によって「学校を核とした地域づくり」を目指す協働活動が中央教育審議会の答申で提言されているが、本町においては、その素地は充分に有しているものと考える。これをさらに推進することで町の活性化に有効に機能し得るものと期待するが、町長のご見解をお聞きする。

 

この記事に関するお問い合わせ先

議会事務局 議会係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)957-1101
お問い合わせはこちらから

更新日:2018年06月08日