12月12日一般質問 朝子 直美 議員

1.公民館の更新について

(1)6月議会の答弁では、長寿命化案、建て替え(複合化含む)案など複数案を町民に提案するとのことであったが、9月議会では、役場周辺シビックゾーンの再編として検討していると強調されており、町としては長寿命化ではなく建て替えへと方針を固めているように推察されるがいかがか。

(2)年度当初の説明では、町民参画の公共施設整備計画検討会議(仮称)を、7月頃から年間8回開催する予定とされていたが、いまだ開催されていない。来年度に繰り越すのか。

2.公民館講座事業について

 社会教育法第20条では、公民館の目的を、「住民のために、実際生活に即する教育、学術および文化に関する各種の事業を行い、住民の教養の向上、健康の増進、情操の純化を図り、生活文化の振興、社会福祉の増進に寄与すること」としている。また、町総合計画では、生涯学習の成果を地域の課題解決などに活用、還元できることを目標として掲げている。これらと照らしたとき、現状の事業は量・質ともに工夫が求められるのではないかと考えるがいかがか。

3.水道料金の引き下げについて

(1)2015年度から3年連続で、京都府営水の建設負担水量が減量され、わずかだが、町負担が減っている。町民に還元し、水道料金の引き下げを行うべきと考えるがいかがか。

(2)高い水道料金の引き下げと町水道事業の経営改善のためには、府営水道に対する町負担の大幅な軽減が必要であるが、「京都府営水ビジョンの中間見直し案」には、本町を含む受水10市町の要望した府営水道のダウンサイジングについて盛り込まれていない。各市町間での調整には限界があり、市町への負担分の総量を現実に見合う規模に縮減することを府に求めるべきと考えるが、いかがか。

4.小倉口公園整備計画について

 小倉口公園整備計画(当初予算1,600万円)について、町民から「税金で特定の民間施設を利する事業ではないか」との疑問の声を聞いている。計画の目的と詳細な工事内容についての説明を求める。

この記事に関するお問い合わせ先

議会事務局 議会係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)957-1101
お問い合わせはこちらから

更新日:2017年12月05日