12月11日一般質問 前川 光 議員

1.山本町長の危機管理について

(今年10月22日、23日の台風21号に関連)

(1)土砂災害、桂川氾濫の避難準備、避難勧告、避難指示(今回未発令)は何に基づいて発令されているのか。具体的に問う。 

(2)当日の三役(町長、副町長、教育長)の動きと対策本部の動きを具体的に問う。 

(3)それぞれの避難所への避難人数は。 

(4)当日の福祉施設への対応、要支援者への対応はどうされたか。 

(5)「大山崎小学校については、ハザードマップでも示されているとおり、桂川の氾濫時には、1階部分は浸水する恐れがあることはご指摘のとおり。しかしながら、避難勧告の発令が深夜であり、風雨が非常に強い状況でもあったので、避難行動中の事故等も勘案、人命保護を最優先に考えた結果である。」これは、2年前の私への町長答弁だが、今も考えは同じか。

(6)桂川氾濫後または決壊後について(今回は大山崎地域限定で)

  • 浸水シミュレーションをいくつか描いていると思うが、どのようなものか。
  • 浸水時間(氾濫、決壊)、水が引く時間はどのぐらいかかると考えているか。  
  • 決壊ならば西高田・鏡田地域に家屋倒壊の可能性はないのか。
  • 大山崎排水ポンプ場のポンプ・発電機の設置高さ、大山崎汚水中継ポンプ場のポンプ・発電機の設置高さ、役場の発電機の設置高さ、大山崎小学校の発電機の設置高さを問う。また、上水は使用できるか。それぞれ浸水時に使用可能か。

(7)防災無線が聞こえにくく内容がわかりづらいとよく聞くが、その対応はできるのか。

この記事に関するお問い合わせ先

議会事務局 議会係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)957-1101
お問い合わせはこちらから

更新日:2017年12月05日