老齢基礎年金・障害基礎年金

こんな年金が受けられます。

老齢基礎年金

【受けられる時期】

原則として国民年金に加入して受給資格期間を満たした方が65歳になったとき。

【受けられる資格】

原則として、保険料を納めた期間と免除された期間及び合算対象期間をあわせて25年以上ある方が、65歳になったときに支給されます。

障害基礎年金

【受けられる時期】

国民年金加入中に初診日があり国民年金法で定めた1、2級の障害の状態になったとき。

【受けられる資格】

  1. 初診日が被保険者期間中にあること。または、被保険者であった方で、日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の間に、初診日があること。
  2. 障害認定日などにおいて、政令で定める一定程度の障害の状態にあること。
  3. 一定の保険納付要件を満たしていること。ただし、被保険者でない20歳前の初診日の傷病により障害の状態になった方は、保険料納付要件は問われない。
この記事に関するお問い合わせ先

健康課 保険医療係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)957-4161
お問い合わせはこちらから

更新日:2017年03月07日