協働による「作業」を実施しました

史跡大山崎瓦窯跡の防護柵が完成

史跡大山崎瓦窯跡の一時的な防護柵を設置するにあたり、「住民協働」による作業として、住民の皆さん、ボランティアの皆さんの参加を広く呼びかけて実施しました。

7月2日(土曜日)に、地域で活動する団体さんや、個人の方々、町職員等、合計約30名が参加し、柵が完成。柵は、高さ約1.5メートル、延長約40メートルで、孟宗竹を素材とした美的な外観です。製作に際しては、大山崎竹林ボランティアの方々に指導と援助をいただきました。

参加された皆さんのご尽力にお礼申し上げます。

作業風景

作業風景

完成した防護柵(南西から)

完成した防護柵(南西から)

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課 文化芸術係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)956-0131
お問い合わせはこちらから

更新日:2017年03月08日