令和3年度大山崎町消防団活動紹介(令和4年1月25日更新)

令和4年大山崎町消防出初式(令和4年1月9日)

 令和4年1月9日(日)、大山崎町立体育館において、大山崎町消防団と乙訓消防組合大山崎消防署共催で、大山崎町内の事業所自衛消防隊の方々にもご参加いただき、新春恒例の消防出初式を開催いたしました。

 屋内の部式典では、日頃から防火・防災に貢献されている消防団員の表彰等を行いました。

 また、屋外の部では、一般の方にもご見学いただき、消防部隊観閲、自衛消防隊特別訓練、及び一斉放水を実施いたしました。

式典会場

消防団員表彰

団長訓示

消防部隊観閲

自衛消防隊特別訓練・消火器操法

自衛消防隊特別訓練・屋内消火栓操法

一斉放水

 

 昨年は感染症拡大の影響により、屋外の部は中止となりましたが、今年は感染症拡大第6派の足音が聞こえてくる中、無事実施することができました。消防出初式の開催に携わっていただきました皆様のご理解とご協力のお陰でございます。ありがとうございました。

 また、当日は大変お寒い中、会場まで足をお運びいただきました皆様、誠にありがとうございました。

この一年が皆様にとって素敵な年になることを願って

大山崎町消防団幹部・初級団員教養訓練(10月3日)

 やっと秋の気配を感じれるようになった10月3日、大山崎消防署で大山崎町消防団幹部・初級団員教養訓練を実施しました。

 この訓練は、経験の浅い消防団員を対象に、団員として基礎となる規律行動を身につけ、消防団活動が行える基礎を作り、また、消防団の中核を担う経験を積んだ団員を対象に部隊の指揮者としての職責を自覚し、安全管理を含めた知識と技術を向上させることを目的に行うものです。

 当日は秋晴れで汗ばむ気候の中でありましたが、感染対策を取りつつも士気を高め、一人ひとりが真剣に汗を流して訓練に取り組みました。

 ※適宜休憩時間を取り、水分補給等の体調管理も徹底しております。

訓練開式 団長あいさつ

消防署職員指導のもと、礼式訓練に取り組みます。

集団の指揮を執る礼式訓練も行いました。

火災を想定した訓練を行いました。

消防車からホースを降ろしています。

周囲の安全を確認しつつホースを延長しています。

火点に見立てた標的へ放水を実施しました。

訓練閉式 

人員・機材異常無く終了しました。

 

 

 ベテラン団員から、次の時代を担う若手団員への技術・知識の伝承が急がれる中、今回の様な訓練は大変重要なものとなります。

 皆様の防火意識の高まりも相まって、火災件数は年々減少傾向にあり、消防団が出動する機会も減ってきておりますが、油断することなく、日々訓練に励んでおります。

 本日は大変お疲れ様でした。

令和3年春の叙勲伝達式(7月14日)

 大山崎消防団 元団長 田所 隆司 氏が、この度令和3年春の叙勲 瑞宝単光章をご受章されました。初夏の晴天に恵まれた7月14日、乙訓総合庁舎において叙勲伝達式が開催されました。

 伝達式後、大山崎消防署で、消防団長、副団長や消防署長らが田所氏の叙勲受賞をお祝いしに集まり、懇談会を行いました。懇談会では、田所氏を囲んで思い出話に花が咲きました。

 そして、歴代団長の写真を背景に、田所氏を中心に、元団長の平井豊氏と団長、副団長で記念写真を撮影しました。

 ご受章、本当におめでとうございます。

伝達式

消防署で懇談会を開催

田所氏を囲んで記念写真を撮りました。

大山崎町消防団水防研修会(7月4日)

研修会開式の様子

 

 

 今年度も昨年度と同様に大山崎町水防訓練が、感染症拡大の影響によって中止となったため、水防研修会という形式で、規模を縮小して、大山崎消防署横の名神高速道路高架下訓練場で実施しました。

土のう作成の様子1

 ”たつ~る“という土のう充填スタンドを使用して作成しています。このスタンドを使用することで、土のう作成のスピードが格段に速くなりました。

土のう作成の様子2

 土のう袋の結び方にもコツがあります。ベテラン団員から若手団員への技術指導の場面が多くみられました。

改良積み土のう工法

 1体20キロ程の重さがある土のうを、順番に積み上げていき、改良積み土のう工法を作成しました。

 完成した改良積み土のう工法を撮影

 今回は作成した土のうに限りがあったため、1列目3段、2列目、3列目を2段積みとして作成しました。

全員で作り上げた工法の前で集合写真を撮りました。

撤収時の土のう搬送の様子

 

 最後は全員で、訓練に使用した土のうを、バケツリレーの要領で迅速に撤収しました。

 撤収完了後、閉式を行い、水防研修会は終了となりました。

 小雨が降り続く蒸し暑い環境下、参加された団員の方々、大変お疲れ様でした。

大山崎町消防団役員総会(4月10日)

 4月10日、大山崎町立中央公民館で令和3年度大山崎消防団役員総会を開催しました。

 消防団役員総会は、毎年4月に開催し、前年度事業の報告と新年度事業計画を審議します。  

 また、本総会は、消防団役員、町役場関係者及び消防署職員が一堂に会し、新年度の顔合わせをする場でもあります。

 昨年度は感染症拡大の影響で中止しましたが、今年度は感染対策を取り、開催することができました。

石田団長挨拶

事業報告の様子

大山崎町消防団辞令交付式(4月3日)

4月3日、大山崎消防署で令和3年度大山崎町消防団辞令交付式を開催しました。

今年度は1名の新入団員が加わり、総勢81名で新年度の消防団活動がスタートしました。

消防団新役員への辞令を交付しています。

新入団員への辞令を交付しています。

 石田団長訓示

 

 

 前年度に引き続き、感染対策を取りながらの開催となりました。

 まだまだ感染拡大の終息が見通せず、様々な制約の中での活動となりますが、石田団長をはじめ全団員一致団結して大山崎町の消防力、防災力の向上のために、地域に根ざした活動をしてまいります。

 令和3年度の消防団活動が始まりますが、昨年度は8名の団員が退団され、団員数は年々減少傾向にあり、消防団運営が厳しさを増しています。

 あなたの力が必要です。消防団活動に興味がある方、入団に条件はありますが、一度下記の窓口へお問い合せください。

この記事に関するお問い合わせ先

大山崎消防署

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字百々1番地
電話番号:(075)956-0119(代表) ファックス:(075)957-0999
お問い合わせはこちらから

更新日:2021年04月01日