町長短信 えがおあふれるまちに 平成29年2月号

防災

毎年、この時期が来ると、あの早朝の強い揺れを思い出します。阪神淡路大震災から、早や22年。私は、震災当時の二倍の年齢になりました。
あの大地震で、町内でも1名の方が尊い命を落とされました。自然の巨大な力を前にすると、ともすれば無力感を抱いてしまいそうになることもありますが、少しでも被害を食い止めるため、そして被災者、ご家族の無念に報いるために、しっかりと現実と向き合い、前を向き、できる対策を講じることが必要です。

ただいま、来年度予算編成が大詰めを迎えています。町制施行50周年記念の一年ですが、この節目を未来への足がかりとするために、まずは、皆様の生活の土台となる安心安全を守る都市基盤整備を進めていきたいと考えています。

また、災害時には行政だけでできることには限界がありますので、多様な主体との連携にも、積極的に取り組んでいきたいと思います。

そして、人の和が災害時に力を発揮することも自明の理ですので、各種事業を実施する中で、人と人とのつながりも大切に育んでいきたいと思っています。
2月26日には、大山崎町総合防災訓練を実施します。地域の皆さんの積極的なご参加をよろしくお願いいたします。

 

   大山崎町長 山本 圭一

この記事に関するお問い合わせ先

政策総務課 企画観光係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)957-1101
お問い合わせはこちらから

更新日:2017年02月01日