町長短信 えがおあふれるまちに 平成30年1月号

強みをいかしたまちづくりを

 新年あけましておめでとうございます。町民の皆様におかれましては、健やかな新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 平成も早30年を数え、一つの時代の区切りを迎えることとなりますが、昨今は少子高齢化が進み、本格的な人口減少社会を迎えています。高度経済成長期に整備された社会基盤は老朽化し、その維持更新は大きな課題となり、一方で労働力人口の減少と社会保障関係経費の増大も懸念されています。

 そうした中、大山崎町を将来にわたって発展させるためには、古くから交通の要衝として栄えた地理的、歴史的要因に加えて、豊かな自然といった「地の利」、そして豊富な「人財」など、この町が持つ強みを生かしてまちづくりを進めることが鍵となります。

 そして、大山崎町のもう一つの強みとして、京都府内で一番面積の小さな、コンパクトな町であるということが挙げられます。そのコンパクトさゆえに、町民の皆様が、顔と顔の見える関係を築かれているため、その連携を、より密にすることで、いざというときに助け合える理想的な関係を、さらに強固に構築できるものと考えています。

 大山崎町は、中世には自治都市として栄えた稀有な歴史があります。「時代は巡る」と言われるように、再び新しい形での「自治都市」の形成も決して夢物語ではない可能性をこの町は有していると考えており、これからも皆様とともに歩みを進めていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 皆様のいっそうのご多幸、ご活躍を、お祈り申し上げます。

 

大山崎町長 山本 圭一         

この記事に関するお問い合わせ先

政策総務課 企画観光係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)957-1101
お問い合わせはこちらから

更新日:2018年01月01日