観音寺(山崎聖天)

観音寺(山崎聖天)

(Kannonji Temple(Yamazaki Shoten)) 
天王山麓に位置し、「山崎の聖天さん」として京阪神の人々から厚い信仰を受けているお寺です。

平安時代に宇多天皇(寛平法皇)の勅願で開山されました。その後江戸時代に木食以空が中興開山し堂塔を整えました。

本堂横に聖天堂があり江戸時代には現世利益を求めた大阪の商人の厚い信仰を受け大いに隆盛しました。

豪商住友家も帰依し立派な青銅製の灯篭を寄進しています。

幕末、元治元(1864)年に起こった禁門の変の余波で全焼し、明治時代になって伽藍が復興しました。

境内地の東斜面には昭和初期に植えられた桜が多くあります。春は桜、秋は紅葉が楽しめます。眼下には町の眺望が広がります。

毎年4月初旬には、花まつりが行われます。

〒618-0071大山崎町字大山崎小字白味才
電話番号(075)956-0016

春の観音寺
お花祭り
この記事に関するお問い合わせ先

政策総務課 企画観光係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)957-1101
お問い合わせはこちらから

更新日:2017年02月27日