天下取りブランド構築事業「大山崎町vs関ヶ原町」のキックオフ会見を行いました

「天下分け目」の合戦地で知られる両町が連携

豊臣秀吉に扮した山本町長と、徳川家康に扮した西脇・関ヶ原町長が、平成28年6月1日に関ヶ原町役場で会見を行い、「天下分け目」の地という共通点をもとに両町の名所や見どころをそれぞれアピールしました。

「天王山の戦い」の舞台である本町と「関ヶ原の戦い」で有名な岐阜県不破郡関ヶ原町が連携し、国の地方創生加速化交付金を活用して「天下取りブランド構築事業」を展開し、両町の魅力を紹介する動画や関連グッズの作成を通じて観光振興に取り組みます。

白熱の会見の様子はこちらからどうぞ(動画)。

 

記者発表の様子

記者発表の様子。多くのメディアが詰めかけました。
西脇・関ヶ原町長(左)と山本町長。

記者発表の様子

記者発表の様子

両町長は「天下分け目はわがまち。譲れません。」と主張をぶつけ合いました

両町長は「天下分け目はわがまち。譲れません。」と主張をぶつけ合いました。

この記事に関するお問い合わせ先

政策総務課 企画観光係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)957-1101
お問い合わせはこちらから

更新日:2017年03月23日