大山崎町の地勢

空から見た大山崎町

左手に天王山、右手に桂川、宇治川、木津川。右上から走るのが名神高速道路。

大山崎町は、京都盆地の南西端である乙訓地域の西端に位置し、東は京都市、北は長岡京市、南は桂川・淀川を隔てて八幡市と相対し、西は天王山を背景に大阪府島本町と接して、京都、大阪へそれぞれ15キロメートル、30キロメートルの距離にあります。

町域は、5.97平方キロメートルで、北に広く南に狭い扇状をなしています。本町は、京都府の南部、滋賀、奈良にまたがる地域を集水区域とする淀川水系の桂川・宇治川・木津川の三川が合流する地域にあり、また、名神高速道路、東海道本線、新幹線などの国土幹線が縦横に走っており、治水上、交通上、重要な役割を担っています。

大山崎町の地形は、大きく東西に分かれ、町の西は山地で秩父古生層からなり、南端近くに山崎合戦で有名な天王山があります。一方、東部では、山地の東から小泉川にかけて新旧の洪積層からなる台地と段丘が展開しています。また、国道171号沿いは土地が低く水田が広がり、長い間水害常襲地となっていましたが、治水や埋め立てにより近年は工場や住宅が進出し、景観が大きく変化してきました。

面積
5.97平方キロメートル(京都府内の市町村で最小)

広ぼう
東西 3.1キロメートル
南北 2.9キロメートル

海抜
最高 270.4メートル
最低 9.9メートル

町役場の位置
〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
東経135度41分30秒
北緯34度53分59秒

この記事に関するお問い合わせ先

政策総務課 企画観光係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)957-1101
お問い合わせはこちらから

更新日:2017年03月01日