地域防災計画

地域防災計画とは

地域防災計画とは、災害対策基本法に基づき、都道府県や市町村が作成する防災に関する基本計画です。

大山崎町においては、災害時における住民などの被害軽減のため、国の防災基本計画、京都府地域防災計画と連携して、大山崎町域内に関する基本的事項や大山崎町の体制や防災対策について定めています。

地域防災計画の構成

次の各編により構成されています。

なお、地震編及び事故対策編に特段の定めがない場合は、一般計画編に定める事項を準用することとしています。

地域防災計画の構成
編の名称 対象とする災害 概要
一般計画編 風水害・土砂災害 防災・減災に関する基本的事項、風水害及び土砂災害に対する個別の対応について定めています。
地震編 地震 地震に対する被害軽減のための事前の準備や地震発生後の対策などについて定めています。
事故対策編 突発的な航空機・鉄道・道路・停電などの事故及び原子力災害 風水害や土砂災害、地震などの自然災害以外の事故の対応などを定めています。
資料編 - 各編の補足資料を集めたものです。

添付ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

政策総務課 危機管理係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)957-1101
お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年03月08日