弾道ミサイルが発射された場合にとるべき行動について

北朝鮮を巡る情勢が緊迫度を増しています。

弾道ミサイルが発射され、日本に飛来する可能性がある場合は、関係する地域の住民の皆様に対して全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用して国から情報が伝達されます。

住民の皆様には、同報系防災行政無線(屋外スピーカー)、緊急速報メール、エリアメール、町防災・防犯情報メール(要登録)、テレビやラジオ等を通じて情報が伝達されます。

上記の情報を受信した際に、住民の皆様がとるべき行動について、国民保護ポータルサイトに掲載されましたので、以下のリンク先からご覧いただき、いざという時に取るべき行動を確認していただきますようお願いいたします。

 

弾道ミサイル落下時の行動について(国民保護ポータルサイトへリンク)

弾道ミサイル落下時の行動について(英語版)(国民保護ポータルサイトへリンク)

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A(国民保護ポータルサイトへリンク)

・ 北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について (国民保護ポータルサイトへリンク)

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達に関するQ&A (国民保護ポータルサイトへリンク)


 

この記事に関するお問い合わせ先

政策総務課 危機管理係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)957-1101
お問い合わせはこちらから

更新日:2017年10月17日