大山崎町消防団活動紹介

大山崎町消防団の活動を紹介します

大山崎町消防団辞令交付式(平成30年4月1日)

石田団長から各分団の新役員に辞令が交付され、平成30年度消防団の新体制がスタートしました。

辞令交付式

 

桂川、小畑川水防事務組合・澱川右岸水防事務組合水防訓練(平成30年5月13日)

桂川、小畑川水防事務組合、澱川右岸水防事務組合合同水防訓練に大山崎町から第3分団(水防団兼任)が参加し、雨天のなか長岡京市水防団とともに「シート張工」「杭打積土のう工」等の水防工法を行いました。

事務組合水防訓練

ポンプ車操法訓練(平成30年5月)

第25回京都府消防操法大会の出場に向け、訓練が開始されました。

ポンプ車操法訓練とは消防活動の基本的な操作を習得することを目的としています。

ポンプ車操法

初級団員教養訓練(平成30年5月20日)

今年度入団した新入団員や経験の浅い団員を対象に礼式訓練や資器材の取り扱いなど、基本的な訓練を行いました。

 

初級 放水

大山崎町水防訓練(平成30年6月3日)

大山崎字大山崎小字五畝割 桂川右岸河川敷内で大山崎町役場、大山崎町消防団、大山崎消防署と合同で水防訓練を行いました。

大山崎町水防訓練

越水防止の積土のう工を作成しています。

漏水防止の月の輪工を作成しています。

 

ポンプ車操法訓練 町長・議長激励(平成30年7月14日)

大山崎町長・大山崎町議会議長からの激励をうけ、京都府消防操法大会に向け訓練を披露しました。

 

乙訓支部消防操法練成会(平成30年7月21日)

大山崎町、長岡京市、向日市の消防団が合同で練成会を実施し、来たる京都府消防操法大会に向け、日頃の訓練成果を発揮しました。

 

 

 

 

第25回京都府消防操法大会(平成30年8月5日)

京都府立丹波自然運動公園にて、第25回京都府消防操法大会が開催されました。台風の影響で1週間順延され、コンディション調整が難しかったなか、3ヶ月間の訓練成果を発揮し、堂々とした操法を披露しました。

 

 

 

 

 

 

消防フェスタ 消防団コーナー(平成30年11月4日)

 大山崎町主催の天王山ゆひまつりが大山崎小学校で開催され、会場内に消防フェスタ 消防団コーナーを設け、ミニ消防車乗車体験、消防団の活動広報、勧誘活動を実施しました。

ミニ消防車でコースを走行したり、子供たちに消防服着衣体験を実施してもらいました。

ミニ消防車体験コーナーは大賑わいでした。

 

平成31年大山崎町消防出初式(平成31年1月13日)

大山崎町体育館において、新春恒例の消防出初式を開催しました。

乙訓消防組合大山崎消防署と大山崎町消防団が参加し、地域住民の皆様とともに「安心して生活できる町づくり」に向け、決意を新たにしました。

屋内式典では、日頃から防火・防災に貢献されている優良消防団員の表彰や、来賓の方々から激励のお言葉をいただきました。

屋外式典では、消防部隊観閲や乙訓消防はしご隊による降下展示訓練、また、消防署、消防団及び自衛消防隊による一斉放水を行い、今年1年の無火災・無災害を祈念しました。

           

 

 

幹部教養訓練(平成31年1月20日)

地域防災の要である消防団員が、応急手当、心肺蘇生法の必要性を理解し、正しい知識と技術を身につけ、いつ何どきでも対応できるよう、大山崎消防署の救急隊の指導のもと救急訓練を実施しました。

 

乙訓二市一町総合消防訓練(平成31年3月3日)

春季火災予防運動期間中の行事の一環として実施され、乙訓二市一町(大山崎町・長岡京市・向日市)の消防団及び乙訓消防組合が消防防災相互応援協定に基づき訓練を行い、乙訓地域の大規模災害発生時における総合的な消防応援体制の強化を図ることを目的としています。

一斉放水

訓練終了報告

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

大山崎消防署

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字百々1番地
電話番号:(075)956-0119(代表) ファックス:(075)957-0999
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年03月12日