一般会計の主な事業と町民一人あたりの決算額

一般会計主な事業の決算額

添付ファイル

各項目の前にある、四角で囲まれた文字は、歳出の科目を示しています。

一般会計町民一人当たりの決算額

大山崎町の平成19年3月31日の住民基本台帳人口は15,245人でした。

平均すると町民一人について何円支出し、その財源はどうなっていたのでしょうか。

歳出額を人口で割ると、一人あたり302,558円です。

個人の納税額を人口で割ると、一人あたり84,984円なので、歳出額の28.1%分になります。

法人が払った税額を人口で割ると、一人94,582円で、これを足しても歳出の59.3%にしかなりません。

残りの差額は国・府の支出金や交付金、町債でまかないます。

しかし、平成18年度はそれでは足りず、19年度の歳入を繰り上げて補てんしました。

来月の給料を前借しているようなイメージです。
この赤字分が、一人あたり1,857円になりました。

この記事に関するお問い合わせ先

政策総務課 財政係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)957-1101
お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年03月07日