固定資産税(土地・家屋)

固定資産税とは

 固定資産税は、毎年1月1日(賦課期日)現在の土地・家屋・償却資産(固定資産)の所有者に、その資産価格に応じて納めていただく税金です。

納税義務者

 毎年1月1日(賦課期日)現在、大山崎町内に固定資産を所有されている方です。

土地・家屋の評価

【土地】

総務大臣が定めた固定資産評価基準に基づき,地目別に定められた評価方法により評価します。

地 目:登記簿上の地目にかかわりなく,その年の1月1日の現況の地目により認定します。

地 積:原則として登記簿に登記されている地積により認定します。

評価額:固定資産評価基準に基づいて計算した価格です。 

 

【家屋】

 固定資産評価基準に基づき,再建築価格を基準に評価します。

・ 新築家屋の評価

評価額=再建築価格×経年減点補正率

・ 新築家屋以外の家屋(在来分家屋)の評価

新築家屋の評価方法と同様の算式により求めますが,再建築価格は建築物価の変動割合が反映されます。

※「再建築価格」とは,評価の対象となった家屋と同じものを評価の時点において新築するものとした場合に必要とされる建築費です。

※「経年減点補正率」とは,家屋の建築後の年数の経過によって通常生じる損耗による減価を基礎として定められたものです。

課税標準額

 固定資産の価格が、原則として税額算出の基礎となる課税標準額になります。

※土地については、住宅用地、市街化区域農地についての課税標準の特例措置があります。

 

・小規模住宅用地(住宅1戸あたり200平方メートル以下の住宅用地)・・・価格×1/6

・一般住宅用地(小規模住宅用地以外の住宅用地(200平方メートルを超える部分))・・・ 価格×1/3

・市街化区域農地・・・価格×1/3

税額の計算方法

【税額】 = 課税標準額 × 税率(1.4%)

 

 一定の基準を満たす新築住宅については、居住部分(120平方メートルを超える場合は、120平方メートル分)の家屋の税額の1/2が、3年度分(ただし、3階建て以上の中高層耐火住宅等は新築後、5年度分の間)軽減されます。

 

 長期優良住宅の認定を受けて新築された住宅については、居住部分(120平方メートルを超える場合は、120平方メートル分)の家屋の税額の1/2が、5年度分(3階建以上の中高層耐火住宅等は7年度分)軽減されます。

※軽減を受けるには、認定長期優良住宅に係る固定資産税の減額適用申告書を町税住民課まで提出していただく必要があります。

免税点

 大山崎町内に所有する土地・家屋の課税標準額の合計額が、以下に満たない場合には、課税されません。

 

土地・・・20万円

家屋・・・30万円

納税の方法

  毎年5月上旬に、固定資産税・都市計画税を合わせた税額を記載した納税通知書と納付書(口座振替利用者は、納税通知書のみ)をお送りします。

 

  固定資産税・都市計画税の納付は,便利な口座振替をご利用ください。口座振替については,下記連絡先までご連絡お願いします。

この記事に関するお問い合わせ先

税住民課 税務係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)957-4161
お問い合わせはこちらから

更新日:2017年11月02日