固定資産税(償却資産)

償却資産の申告

 固定資産税は土地や家屋のほかに償却資産(事業用資産)についても課税の対象となります。大山崎町内に償却資産を所有されている方は、毎年1月1日現在の償却資産の所有状況について、毎年1月末日までに大山崎町に申告する必要があります。

償却資産の評価

 固定資産評価基準に基づき,取得価額を基礎として,取得後の経過年数に応ずる価値の減少(減価)を考慮して評価します。

・前年中に取得された償却資産

  評価額=取得価額×(1-減価率/2)

・前年前に取得された償却資産

  評価額=前年度の評価額× (1-減価率)……(a)

(ただし,(a) により求めた額が,(取得価額×5/100)を下回る場合は,(取得価額×5/100)を評価額とします。)

 

取得価額… 原則として国税の取扱いと同様です。

減価率… 原則として耐用年数表財務省令に掲げられている耐用年数に応じて減価率が定められています。なお, 固定資産税における償却資産の減価の方法は,原則として旧定率法となります。

課税標準額

 償却資産1個(または1組)ごとの価格(評価額)の合計が課税標準額となります。(特例等が適用される場合を除く)

税額の計算方法

【税額】 = 課税標準額 × 税率(1.4%)

免税点

 大山崎町内に所有する償却資産の課税標準額の合計額が、150万に満たない場合には、課税されません。

この記事に関するお問い合わせ先

税住民課 税務係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)957-4161
お問い合わせはこちらから

更新日:2017年11月02日