国民健康保険 入院時食事療養費の支給(入院時の食事代)

入院したときの食事代は、医療費とは別に定額(標準負担額)を自己負担します。
ただし、住民税非課税世帯等については、標準負担額が減額される制度があります。事前に申請して、減額認定証の交付を受けてください。
 
【入院時食事代の標準負担額(1食あたり)】
70歳未満の方

  • 一般(下記以外の方)
    260円
  • 低所得2.(注1)(住民税非課税世帯)(90日までの入院の場合)
    210円
  • 低所得2.(注1)(住民税非課税世帯)(過去12ヶ月で90日を超える入院の場合)
    160円

70歳以上75歳未満の方

  • 一般(下記以外の方)
    260円
  • 低所得2.(注1)(住民税非課税世帯)(90日までの入院の場合)
    210円
  • 低所得2.(注1)(住民税非課税世帯)(過去12ヶ月で90日を超える入院の場合)
    160円
  • 低所得1.(注2)(住民税非課税世帯)
    100円

(注1)低所得2.
同一世帯の世帯主および国民健康保険被保険者(平成20年7月までは後期高齢者医療に移行した旧国民健康保険被保険者を含む)が住民税非課税の人。(低所得1.以外の人)
(注2)低所得1.
同一世帯の世帯主および国民健康保険被保険者(平成20年7月までは後期高齢者医療に移行した旧国民健康保険被保険者を含む)が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる人。

【減額認定証の申請に必要なもの】

  • 印かん
  • 国民健康保険被保険者証
  • 過去12ヶ月で90日を超える入院の場合は、「医療費の領収書」など91日以上入院していることが確認できるもの
この記事に関するお問い合わせ先

健康課 保険医療係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)957-4161
お問い合わせはこちらから

更新日:2017年03月07日