ページの先頭です
メニューの終端です。

国民健康保険 加入するとき・脱退するとき

[2017年2月15日]
■国民健康保険制度について

国民健康保険(国保)は、病気やけがをしたとき、経済的に心配なく医療が受けられるように、日ごろから保険税を出し合ってみんなで助け合う制度です。
職場の保険(社会保険 ・国民健康保険組合)に加入している方、生活保護を受けている方以外は、全て国民健康保険に加入しなければなりません。

 

【こんなときには届出を】

次のような場合、異動があった日から14日以内に健康課(保険医療係)へ届け出てください。

国民健康保険加入の届出が15日以上遅れると資格発生の日までさかのぼって国民健康保険税を納付し、さらにその間にかかった医療費は全額自己負担しなければなりません。また、被保険者証(保険証)が使えるのは届出日からとなります。

 

○国民健康保険に加入するとき

【届け出が必要なときと、手続きに必要なもの】

  • 大山崎町に転入してきたとき・・・転入届、印かん
  • 職場の健康保険をやめたとき・・・社会保険の脱退証明書(資格喪失証明書)、印かん
  • 健康保険の扶養家族でなくなったとき・・・社会保険の脱退証明書(資格喪失証明書)、印かん
  • 生活保護を受けなくなったとき・・・保護廃止決定通知書、印かん
  • 子供が生まれたとき・・・母子健康手帳、被保険者証、印かん

※その世帯にすでに国民健康保険の被保険者証が発行されている場合にはその被保険者証が必要です。
※退職者医療制度に該当する場合、年金証書(加入期間が明記されたもの)をご持参ください。 退職者医療制度の内容については、退職者医療制度についてのページをご覧ください。

 

○国民健康保険を脱退するとき

【届け出が必要なときと、手続きに必要なもの】

  • 大山崎町から転出するとき・・・国民健康保険税納付通知書、被保険者証、印かん
  • 職場の健康保険に入ったとき・・・国民健康保険及び社会保険の被保険者証、印かん
  • 健康保険の扶養家族になったとき・・・国民健康保険及び社会保険の被保険者証、印かん
  • 生活保護を受けることになったとき・・・保護開始決定通知書、被保険者証、印かん
  • 死亡したとき・・・死亡を証明するもの、被保険者証、印かん

 

○その他

【届け出が必要なときと、手続きに必要なもの】

  • 住所、世帯主、続柄氏名、世帯などが変わったとき・・・被保険者証、印かん
  • 被保険者証を紛失したときや汚れて使えなくなったとき・・・使えなくなった被保険者証(紛失の場合は不要です。)、印かん、本人確認書類(運転免許証、住民基本台帳カードなど)
  • 修学のため子どもが親元を離れ町外に転出するとき・・・在学証明書、被保険者証、印かん
  • 長期間の出稼ぎや旅行などで別個の被保険者証が必要なとき・・・被保険者証、印かん

お問い合わせ

大山崎町 健康課 保険医療係

電話: 075-956-2101 ファックス: 075-957-4161

E-mail: kokuho@town.oyamazaki.lg.jp