台風によって発生したごみの処理について

災害で発生した「燃えるごみ」及び「不燃ごみ」の特別収集は、台風21号の来襲から1か月となる10月5日(金曜日)を目途とさせていただきます。10月8日(月曜日)以降につきましては通常の収集体制となりますので、3袋以上の燃えるごみは事前申し込みによる有料回収となります。やむを得ない事情がございます場合には、お手数ですが事前に役場清掃環境係までお問い合わせください。

瓦などのごみ(不燃ごみ)

種類ごとに分別し、資源ごみ収集日に資源ごみステーションへ出して下さい。

※ごみの分別、排出まではご自身で行っていただきますようお願いします。

※瓦・コンクリートブロック等は、災害時に限った特例的な収集です。平常時は資源ごみステーションに出さないようお願いします。

ご自身で資源ごみステーションへ出すことが難しい場合は、町が臨時ごみ収集を行いますので、町経済環境課へお問い合わせください。

台風により飛来した 網戸・トタンなどのごみ(大型ごみ)

台風により飛んできたもの、壊れたものにつきましては、災害ごみとして収集しますので、町経済環境課へご相談ください。

燃えるごみ(可燃ごみ)

通常の燃えるごみは、45リットルの袋2つまで無料で収集しますが、災害で発生したごみにつきましては、特別に無料で収集します。(家庭からのごみが3袋以上になる場合には、通常通り事前に、経済環境課へお申込みください。)

※落ち葉や木の枝については、長さ50センチメートル未満、直径5センチメートル未満であば、可燃ごみとして出していただけます。ただし、ひとかかえの大きさにひもでしばっていただくか、45リットルの袋に入れて出して下さい。

※50センチメートル以上の木の枝については、直径が10センチメートル、長さ1.5メートル未満のものについては粗大ごみとしてお申し込みください。それ以上の大きさのものは処理場で受入れができませんので、個別に対応させていただきますので、お問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

経済環境課 清掃環境係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)956-0131
お問い合わせはこちらから

更新日:2018年09月21日