64歳以下の方の接種間隔を一部前倒しします(令和4年2月14日掲載)

新型コロナワクチンの追加接種(3回目)について、2月上旬までに65歳以上の方への接種券送付が完了しましたが、集団接種の予約枠が一部埋まっていない状況です。

これを受けて、64歳以下の方の接種間隔を一部前倒しします。

 

予約に空きがある場合に限り、「6ヶ月間隔」での接種を可能とします

追加接種にかかる接種間隔は次のとおりですが、この内、64歳以下の方の接種間隔について、予約に空きがある場合に限り、「6ヶ月経過」に前倒します。

65歳以上の方・医療従事者など 2回目接種から「6ヶ月経過」
64歳以下の方

2回目接種から「7ヶ月経過」

予約枠に空きがあれば「6ヶ月経過」に前倒し

お手元の接種券や案内には「2回目接種完了日」と「3回目接種が受けられる日付」をご案内していますが、これらは発送日時点の情報を基に、「8ヶ月経過」や「7ヶ月経過」の日付となっています。

これらの案内に関わらず、予約枠に空きがある場合に限って「6ヶ月経過」すれば接種可能となります。

接種券の発送時期について

現在、64歳以下の方へは「2回目接種から7ヶ月経過する頃」に接種券を発送していますが、予約の空き状況に応じて、順次前倒しを行います。

「接種券が届いたら予約が可能」とお考えください。

なお、予約がひっ迫してきた段階で前倒しは終了しますので、あらかじめご了承ください。

個別接種での対応について

地域の医療機関で接種を受ける「個別接種」については、各医院の予約状況に応じて対応されます。

特に長岡京市や向日市の医療機関は予約がひっ迫している状況です。

できるだけ大山崎町の集団接種会場や京都府接種会場の利用をご検討ください。

予約に関する記事はこちらです。

なぜ、前倒しは「一部」だけなの?

現在、国が確保している追加接種用のワクチンには限りがあり、大山崎町に配分されるワクチン量で「すべての方の前倒し」を実現することは不可能です。

一方で、先行して接種される65歳以上の方で、「追加接種を受けない」という選択をされた方が多い場合、接種枠が余るということが起こります。

例)65歳以上の2回接種者=約4,100名の内、10%の方が追加接種を受けないとすると、4,100名×10%=410回分の接種枠が余ることになります。

このような場合、「ワクチン量や接種体制が許す範囲で、64歳以下の接種希望者への追加接種を前倒す」ことが認められているため、町では「集団接種予約枠に空きがある場合に限って、順次前倒しを行う」ものです。

今後も、大山崎町に配分されるワクチンの量に応じて、「可能な範囲での前倒し」を実施してまいります。

この記事に関するお問い合わせ先

健康課 健康増進係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)957-4161
お問い合わせはこちらから

更新日:2022年02月14日