平成29年度大山崎町総合防災訓練を実施します

桂川の水位上昇に伴う洪水の発生を想定し、住民の皆さまが適切に避難できるよう、また、防災・減災の意識を高められるよう、次のとおり平成29年度大山崎町総合防災訓練を実施します。

日時

11月26日日曜日 午前9時00分頃~午後1時00分頃(荒天時は中止)

 

場所

大山崎町立大山崎中学校

 

訓練参加対象

字下植野地域、字円明寺地域の内一部の方(町から自治会を通じて参加申込を受け付け。)

 

「見学参加」は町内全域から可能です

見学参加の方は午前9時30分頃から開催する防災フェアや防災講演会にご参加いただけます。(詳細は以下の訓練内容5、6、7参照)

防災フェアでは、模擬訓練や体験訓練、カレーライスの炊出のほか、災害対応車両記念撮影コーナーなどを設けますので、ぜひお越しください。

大山崎中学校前の多目的広場を駐車場として開放しますのでご利用ください。

 

訓練内容

1.避難勧告発令  午前9時00分

  • 同報系防災行政無線(屋外スピーカー)、防災・防犯情報メールにより、避難勧告発令をお知らせします。
  • 訓練参加者(対象地域の方)は、情報を確認されたら一時避難場所へ避難し、安否確認訓練を行ないます。

※町防災・防犯情報メールは登録が必要です。こちらから、ぜひご登録ください。

 

2.避難所への避難行動訓練  安否確認終了次第

  • 訓練参加者の方は、一時避難場所における安否確認訓練が終了したら、地域でまとまって避難所(大山崎中学校)へ避難します。

 

3.避難所運営訓練  避難所到着後

  • 今回の訓練は水害の想定のため、昇降口で受付を行なった後、2階以上の教室(訓練で使用する教室は限定して行ないます。)に避難します。
  • 避難所では避難者自身による避難所運営のため、住民リーダーの皆さんには各種避難所運営業務を体験していただきます。

 

4.避難指示(緊急)発令  午前10時00分

  • さらに河川水位が上昇したという想定で、避難指示(緊急)発令を、同報系防災行政無線(屋外スピーカー)、防災・防犯情報メールによりお知らせします。

 

5.防災フェア  午前9時30分頃~

  • 災害対応車両記念撮影コーナー(消防、警察、自衛隊、国土交通省の各種災害対応車両の運転席に乗り込んで記念撮影ができます。)
  • 体験型訓練(大山崎消防署による煙体験、救急救命、初期消火訓練)
  • 防災啓発ブース出展(国土交通省淀川河川事務所、乙訓土木事務所、乙訓保健所、関西電力、大阪ガス、NTT西日本、災害ボランティアセンター、大山崎町による啓発ブースの出展)
  • 仮設トイレ、マンホールトイレ等の防災資器材の使用体験。

 

6.防災講演会  午前10時00分頃~

  • 宮本 匠先生(兵庫県立大学減災復興政策研究科講師)によるわかりやすい防災講演会

 

7.模擬訓練&炊出訓練  午前12時00分頃~

  • 模擬訓練(消防団による模擬訓練見学、午前12時00分頃~)
  • 炊出訓練(陸上自衛隊によるカレーライスの炊出訓練。配食は午前12時40分頃からです。)

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

政策総務課 危機管理係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)957-1101
お問い合わせはこちらから

更新日:2017年11月20日