大山崎町歴史資料館 第26回企画展「行基と山崎院」

第26回企画展 行基と山崎院

大山崎は、昔は街道と舟運が、現代は数多くの鉄道や高速道路が走り、歴史的に交通の要衝として知られていました。

そうした立地に最初に着目したのが、奈良時代の高僧行基です。

彼は淀川に山崎橋を架け、さらに山崎院を建立し、仏教を民衆に広げました。

近年、この山崎院のものと推定される、数多くの文字陰刻瓦が出土しました。これは、行基と深い関わりがあったことを伝えています。

行基生誕1350年という節目の年に、彼に関わる資料を展示し、当時の歴史について再考します。

開催期間

平成30年10月20日(土曜日)~11月25日(日曜日)

午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

月曜日と、10月16日~19日、11月27日~31日は休館日です

入館料

高校生以上300円

場所・問い合わせ

大山崎町歴史資料館

(電話番号)075-952-6288

歴史講演会・現地見学会

歴史講演会

参加無料、申込不要。どなたでもお越しください。

  第1回 第2回
とき

11月3日(土曜日)

午後1時30分~3時30分

11月18日(日曜日)

午後1時30分~3時30分

ところ 大山崎ふるさとセンター3階ホール
演題 「土塔と山崎院の文字瓦からみた行基の活動」 「行基とカミ・ホトケ」
講師 近藤康司氏(近畿大学非常勤講師) 古市晃氏(神戸大学大学院准教授)

現地見学会「行基の足跡を訪ねて-大山崎から堺・大野寺跡へ」

事前にお申し込みください。

日時:11月23日(金)

集合:阪急大山崎駅 午前10時

参加費:1,200円(昼食込)、入館料・拝観料・交通費は別

申込先:大山崎町歴史資料館

この記事に関するお問い合わせ先

大山崎町歴史資料館

〒618-0071
京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字竜光3番地
電話番号:(075)952-6288 ファックス:(075)952-6289
お問い合わせはこちらから

更新日:2018年10月03日