講談にみる山崎合戦

館内図

常設展示案内

旭堂南龍さんプロフィール

旭堂南龍(きょくどう なんりゅう)さん

2004年に旭堂南左衛門に弟子入り、南青(なんせい)となる。

2018年11月 南青改め旭堂南龍になる。

現在、上方講談協会 所属。

 

※ 旭堂 南龍を囲む会より引用

講談とは

講談(こうだん)とは、日本の伝統芸能の一つです。

講談師と呼ばれる人が高座におかれた釈台(しゃくだい)と呼ばれる小さな机の前に座り、張り扇(はりおうぎ)でそれをたたいて調子をとりつつ、軍記ものや政談など主に歴史にちなんだよみ物を、観衆に対し読み上げるもの。平たく言えば、朗読劇のようなものです。

詳細

演目

「大山崎合戦」  「豊臣秀吉」  の 2演目

とき

11月16日(土曜日) 13時30分開演(13時開場)

ところ

大山崎ふるさとセンター3階ホール

料金

無料

その他

講談演目終了後、今後の講談あり方・歴史について語り合います。

お茶席あり(講談前・休憩時間)

お茶席につきましては300円料金が必要になります。

ご予約の必要はありませんので、ご興味のある方は、当日会場まで直接お越しください。

この記事に関するお問い合わせ先

大山崎町歴史資料館

〒618-0071
京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字竜光3番地
電話番号:(075)952-6288 ファックス:(075)952-6289
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年11月01日