「待庵」模型でお茶のおもてなし、10月21日から開催!

国宝「待庵」を模型として展示します

日本には国宝に指定されている茶室がわずか3つしかありません。

そのうちのひとつである「待庵」は大山崎町にあり、千利休が建てた唯一現存しているもので、利休のわび茶の知恵と、匠の技術を掛け合わせた茶室となっています。

その茶室を模型として期間限定で展示し、茶室内外で呈茶によるおもてなしを受けられますので、是非とも大山崎町まで足を運んでいただき、お楽しみください。

展示期間

平成29年10月21日(土曜日)から11月26日(日曜日)

展示場所

大山崎ふるさとセンター1階ロビー

〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字竜光3番地

・電車:阪急大山崎駅から徒歩2分、JR山崎駅から徒歩5分

・車:大山崎ICより5分

呈茶コーナー

展示期間中の土曜日、日曜日、祝日に呈茶コーナ-を設けます。

町内外でご活躍の茶道サークル「友あそび」さんのご協力のもと、お茶のおもてなしを味わえることができ、さらには「待庵」のなかに入ってお茶を召し上がることもできます。

あなたも千利休のわび茶の世界を体験してみませんか。

呈茶日程

10月21、28日、29日 

11月3、4、5、11、12、18、19、23、25、26日

呈茶時間

午前11時から午後3時まで

ただし、10月21日のみ午前10時から午後2時までとなります。

呈茶料金

1人500円

この記事に関するお問い合わせ先

政策総務課 企画観光係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)957-1101
お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年10月16日