父子家庭が医療支給制度の対象になりました。

父子家庭が医療支給制度の対象になりました。

平成25年8月から、母子家庭に対する福祉医療費支給制度の対象に父子家庭が加わり、「ひとり親家庭医療費支給制度」に変わります。また、それに伴って所得制限も見直しとなり、ひとり親家庭であっても一定の水準にある世帯は制度の対象から外れることになります。

従来の制度では

父子家庭世帯の医療費に対する助成制度はありませんでした。

平成25年8月からは

「福祉医療費(母子)支給制度」に父子家庭世帯が新たに加わり、「ひとり親家庭医療費支給制度」になります。

対象者
下記の要件をすべて満たす方と、その児童

  1. 配偶者のない男性または女性であること。
  2. 18歳に達した日以後、最初の3月31日を迎える前の児童を養育していること。

所得制限

ひとり親家庭であっても、前年の所得金額(同居する扶養義務者を含む)が一定範囲を超える場合は対象となりません。

(例) 2人世帯(親と子)の場合
年間給与収入約420万円以下であれば対象。

新たに申請するには

7月中に世帯全員分の健康保険証と印鑑を持って、役場1階7番窓口までお越しください。

なお、7月を過ぎてしまっても申請できますが、申請していただいた日から対象となりますのでお早めにお越しください。

また、1月2日以後に大山崎町へ転入された場合は、1月1日に住民票があった市町村で課税(非課税)証明書を取得し、提出してください。

この記事に関するお問い合わせ先

福祉課 児童福祉係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)957-4161
お問い合わせはこちらから

更新日:2017年03月23日