高収益作物次期作支援交付金について

概要

 新型コロナウイルス感染症の発生により売り上げが減少する等の影響を受けた高収益作物(野菜・花き・果樹・茶)について、次期作に前向きに取り組む生産者に対し、支援金を交付します。

支援対象となる生産者

次の要件をすべて満たす農業者

  1. 令和2年2月から4月の間に野菜・果樹・花き・茶の出荷実績がある又は廃棄等により出荷できなかった生産者
  2. 収入保険、農業共済等のセーフティネットに加入していること、または今後加入を検討する生産者

※5月以降に出荷を開始した場合の支援については、今後の公募の際にお示しします。

交付金の対象となる取組

1.次期作に向けたコスト削減、生産性向上等の国が定める項目2つ以上の取組に対して、次のとおり支援します。

【支援単価】

(1)基本単価 5万円/10a

(2)施設栽培のうち高集約型品目の単価

  •  施設栽培の花き、大葉及びわさび 80万円/10a
  •  施設栽培のマンゴー、おうとう及びぶどう 25万円/10a

 ※加温施設(空調装置)又はかん水装置がある施設が対象となります

【対象となる取組例】

  •  生産・流通コストの削減の取組
  •  種苗、肥料、農薬等の資材の購入
  •  土壌改良資材の投入
  •  自動環境制御装置の活用
  •  作業環境の改善の取組
  •  事業継続計画の策定  等
2.新たな品種や新技術の導入等の国が定める項目の取組に対して、次のとおり支援します。

【支援単価】

 2万円/10a 

 ※2万円/10a × 取組数(3取組(下記のア.イ.ウ.全て)で最大6万円/10a)

【対象となる取組】

ア. 新たに直販等を行うためのHP等の整備

  • 新規契約の締結
  • 追加契約の締結
  • 需要開拓による販路の変更

イ. 新品種・新技術導入等に向けた取組

  • 京都府知事が定める新品種の導入(現在協議中)
  • 京都府知事が定める新技術の導入(現在協議中)

ウ. 海外の残留農薬基準への対応又は有機農業・GAP等の取組 

  • 残留農薬基準等への対応
  • 有機農業の認証取得に向けた取組
  • GAPの認証取得に向けた取組
  • MPS(花き生産総合認証)の取得に向けた取組
3.花き等の高品質なものを厳選して出荷する取組に対して、次のとおり支援します。

【支援単価】

 1人・1日あたり2,200円

※新型コロナウイルス感染症の影響を受け、令和2年2月以降、厳選出荷に取り組んだ期間が対象となります。

【対象となる取組】

 花きの場合

  • フラワーネット張りの調整
  • 施肥(追肥・葉面散布)
  • 防除
  • 芽かき・摘花・整枝
  • 選別・荷造り  等

申請方法

1.申請書類

以下の申請書類1.2.3.(所定の様式)を作成し、4.5.を添付し、経済環境課へ提出してください。

  1. 申請書
  2. 取組計画書
  3. 参考様式(面積等整理表)
  4. 令和2年2月から4月の間に出荷したことが分かる書類(品目がわかる出荷伝票、領収書、納品書等)
  5. 口座情報(通帳の写し) ただし、取組実施者名義の口座に限ります。

1.申請書(PDFファイル:79.1KB)

2.取組計画書(Excelファイル:31.5KB)

3.参考様式(面積等整理表)(Excelファイル:38KB)

記入例(PDFファイル:1.7MB)

2.提出先

大山崎町経済環境課農林商工係

持参または郵送

3.提出期限

第1回 令和2年9月16日(水曜日)

第2回以降については未定のため、決定次第お知らせします。

参考

この記事に関するお問い合わせ先

経済環境課 農林商工係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)956-0131
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年08月28日