【令和4年度2期分】水道料金・下水道使用料を減免します※手続不要(令和4年7月25日掲載)

概要

コロナ禍において、原油価格・物価高騰による影響を受けている住民や事業者の皆さまへの支援として、また引き続きの新型コロナウイルス感染対策の推進のため、水道料金および下水道使用料の基本料金全額免除を再度、実施します。
第7波が懸念される状況の中、皆様には、改めて“こまめな手洗い”など、基本的な感染対策の徹底をお願いします。
なお、前回同様、減免については基本料金のみで、使用水量に応じてご負担いただく従量料金は対象となりません。

また、本減免につきまして、お客様に行っていただく手続きはありません。

1.対象者

一般家庭及び事業者 (※官公署を除く)

2.減免期間

令和4年度 第期2期分 (5月、6月の使用分)

※7月検針分の水道料金・下水道使用料が対象

3.減免額について (一例)

家事用(口径20mm)の場合、減免額5,060円 

(内訳)

水道料金

  • 基本料金1期分(2か月分):使用水量10立方メートルまで 3,520円(税込)

下水道使用料

  • 基本料金1期分(2か月分):使用水量20立方メートルまで 1,540円(税込)

 ※営業用、工場用等については、上下水道料金の料金一覧表をご覧ください。

 

(例)一般家庭の平均的な使用水量(1期40立方メートル)の場合

通常
水道料金 基本料金 3,520円
従量料金 4,950円
下水道使用料 基本料金 1,540円
従量料金 1,540円
合計 11,550円(税込)
減免後
水道料金 基本料金 0円
従量料金 4,950円
下水道使用料 基本料金 0円
従量料金 1,540円
合計 6,490円(税込)

4.注意事項

7月検針時に投函された「使用水量のお知らせ」に記載の金額は減免前の金額となります。

使用水量(10立法メートル)以下の場合、今回の請求はございません。

集合住宅にお住いで、管理会社などにお支払いのお客様は、支払先にお問い合わせください。

 

(例)7月投函の使用水量のお知らせ

※減免前の金額となります。

5.支払相談

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、収入が減少している場合など、一時的に水道料金等のお支払いが困難な方につきましては、上下水道課までご相談ください。

この記事に関するお問い合わせ先

上下水道課 業務・府営水道係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)956-0131
お問い合わせはこちらから

更新日:2022年07月25日