国民健康保険 療養費の支給(いったん全額を自己負担したとき)

療養費の支給(医療費などを全額支払ったとき)

次のような場合に、申請すると費用の一部があとで払い戻されます。
なお、療養費については、医療費等を支払われた翌日から2年を過ぎると申請できませんので、ご注意ください。

1. 被保険者証を持たずに治療を受けたとき

事故や急病などやむをえない理由で被保険者証を持たずに医療機関で治療を受けた場合や、旅行先などで病気になり医療機関で治療を受けた場合の費用。

【申請に必要なもの】

  • 診療内容の明細書
  • 領収書
  • 印かん
  • 国民健康保険被保険者証
  • 通帳など振込先のわかるもの

2. 手術などで輸血に用いた生血代(医師が必要と認めた場合)

【申請に必要なもの】
  • 医師の診断書または意見書
  • 輸血用生血液受領証明書
  • 血液提供者の領収書
  • 印かん
  • 国民健康保険被保険者証
  • 通帳など振込先のわかるもの

3. コルセットなどの補装具代(医師が必要と認めた場合)

【申請に必要なもの】
  • 補装具を必要とした医師の診断書または意見書および補装具の装着証明書
  • 領収書
  • 印かん
  • 国民健康保険被保険者証
  • 通帳など振込先のわかるもの

4. 骨折やねんざなどで、国民健康保険を扱っていない柔道整復師の施術を受けたとき

【申請に必要なもの】
  • 明細がわかる領収書
  • 印かん
  • 国民健康保険被保険者証
  • 通帳など振込先のわかるもの

5. はり・灸・マッサージ等の施術を受けたとき(医師の同意が必要)

【申請に必要なもの】
  • 医師の同意書
  • 明細がわかる領収書
  • 印かん
  • 国民健康保険被保険者証
  • 通帳など振込先のわかるもの

6. 海外渡航中に治療を受けたとき(治療目的での渡航は除く)

【申請に必要なもの】
  • 診療内容の明細書
  • 領収書
  • 印かん
  • 国民健康保険被保険者証
  • 通帳など振込先のわかるもの
  • (明細書・領収書が外国語で作成されている場合は、日本語の翻訳文が必要です。)
この記事に関するお問い合わせ先

健康課 保険医療係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)957-4161
お問い合わせはこちらから

更新日:2017年03月07日