国民年金 こんなときには届出をしてください

こんなときには届け出をしてください

届出の内容により届出先が異なりますのでご注意ください。
手続きには、年金手帳など必要な書類がありますので、事前に各届出先におたずねください。

【加入や種別変更の主な届出】

  • 20歳以上60歳未満の方が、退職等により厚生年金や共済年金などの被保険者でなくなったとき
  • 配偶者が厚生年金や共済組合等の被保険者でなくなったとき
  • 配偶者が65歳以上になり、第2号被保険者でなくなったとき
  • 現在第3号被保険者である方が、増収や離婚などで配偶者の扶養でなくなったとき

【その他の主な届出】

  • 保険料の免除申請
  • 付加年金の加入届
  • 国民年金への任意加入届
  • 年金手帳の再発行

国民年金に入るとき・やめるとき

国民年金に入るとき・やめるとき
こんなとき どうする 届出先 手続きに必要なもの
20歳になったとき
(厚生年金・共済組合の加入者を除く)
国民年金加入に関する届書を提出する
  • 第1号被保険者→町役場 健康課保険医療係
  • 第3号被保険者→配偶者の勤務先
印かん
会社を退職したとき 国民年金に加入の手続きをする
(被扶養配偶者も同様)
町役場 健康課保険医療係 印かん、年金手帳、退職日の確認できる書類
結婚や退職等で配偶者の扶養になったとき 第3号被保険者への種別変更の手続きをする 配偶者の勤務先 配偶者の勤務先におたずねください
配偶者の扶養からはずれたとき 第3号被保険者から第1号被保険者への種別変更の手続きをする 町役場 健康課保険医療係 印かん、年金手帳、資格喪失証明書
配偶者が会社をかわったとき 引き続き第3号被保険者となる手続きをする 配偶者の新しい勤務先 配偶者の勤務先におたずねください
海外に居住するとき
  • 任意加入の手続きをする
  • 国民年金をやめる手続きをする
町役場 健康課保険医療係 印かん、年金手帳
年金の受給資格が足りないときや年金額を満額に近づけたいとき 任意加入の手続きをする
(60歳~64歳の方が対象)
町役場 健康課保険医療係 印かん、年金手帳、預貯金通帳、預貯金通帳届出印
年金手帳をなくしたとき 再交付の手続きをする
  • 第1号被保険者→町役場 健康課保険医療係
  • 第3号被保険者→配偶者の勤務先
印かん、本人確認をできるもの

保険料を納めるとき

保険料を納めるとき
こんなとき どうする 届出先 手続きに必要なもの
保険料を納めるのが困難とき 保険料免除の申請をする 町役場 健康課保険医療係 印かん、年金手帳、失業の場合は、雇用保険被保険者離職者票等
学生で保険料を納めるのが困難なとき 学生納付特例の申請をする 町役場 健康課保険医療係 印かん、学生証または在学証明書、年金手帳
免除等を受けた期間の保険料を納めるとき 追納の手続きをする 年金事務所 印かん、年金手帳
口座振替を開始・変更するとき 国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書を提出する 金融機関 年金事務所におたずねください
クレジットカード納付を開始・変更するとき 国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書を提出する 年金事務所 印かん、年金手帳、クレジットカード
納付書を紛失したとき 納付書の再発行を申し出る 年金事務所 年金事務所におたずねください

年金をもらうとき

年金をもらうとき
こんなとき どうする 届出先 手続きに必要なもの
65歳になったとき 老齢基礎年金の受給手続きをする
  • 第1号被保険者→町役場 健康課保険医療係
  • 第3号被保険者期間を含む→年金事務所
印かん、戸籍謄本等
障害になったとき 障害基礎年金の受給手続きをする
  • 初診日に第1号被保険者→町役場 健康課保険医療係
  • 初診日に第3号被保険者→年金事務所
  • 20歳前に障害になった場合→町役場 健康課保険医療係
印かん、診断書、戸籍謄本等
国民年金加入中の方が死亡したとき 遺族基礎年金・寡婦年金・死亡一時金の請求 町役場 健康課保険医療係 印かん、請求者の戸籍謄本、死亡者の除籍謄本、世帯全員の住民票等

(注意)年金の受給は手続きが一律ではありませんので、事前に各届出先に必要書類等をご確認ください

この記事に関するお問い合わせ先

健康課 保険医療係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)957-4161
お問い合わせはこちらから

更新日:2017年03月22日