アサヒビール大山崎山荘美術館

(ASAHI BEER OYAMAZAKI VILLA MUSEUM OF ART)

ニッカウヰスキー設立への参画や、アサヒビール初代社長・山本爲三郎との親交があったことで知られる実業家・加賀正太郎の山荘を生かした美術館です。
昭和初期に完成した本館と、建築家・安藤忠雄設計の地中館・山手館からなり、濱田庄司ら民藝運動ゆかりの作家の作品などを展示しています。

開館時間

午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜日(祝日の場合は翌火曜)、年末年始、臨時休館日あり

※(注意) 大規模修繕工事のため、平成29年5月29日(月曜日)~9月15日(金曜日)まで休館

入館料

一般900円(800円)、高校・大学生500円(400円)、中学生以下無料。障害者手帳をお持ちの方300円
( )は20名以上の団体料金 ※企画展により料金変更の場合あり

アクセス

JR京都線「山崎駅」、阪急京都線「大山崎駅」より徒歩約10分
当館へのシャトルバスも運行しています。詳しくはホームページをご覧ください
※駐車場はありません。お車でお越しの方は、近隣の有料駐車場などをご利用ください

住所・連絡先

〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3

電話番号 (075)957-3123(総合案内)

更新日:2017年06月16日