幼稚園副食費の保護者負担免除について

私立幼稚園に通う対象世帯の子どもの給食費のうち、副食費が世帯の収入や多子世帯の状況に応じ、免除される場合があります。対象となる方は、申請が必要です。(申請書については、12月頃配布予定です)

1.対象者・対象範囲

◆年収360万円未満相当世帯の子ども及び第3子以降の子ども

※年収360万円未満相当の判断は、年収等により決定される市町村民税の所得割額を元に町が行います。(住宅ローンや寄附金税額控除等受けている場合は、控除前の額になります。)

世帯収入 第1子 第2子 第3子以上

年収360万円未満相当(市町村民税所得割額77,101円未満)の世帯の子ども

副食費

給付

副食費

給付

副食費

給付

年収360万円以上相当(市町村民税所得割額77,101円以上)の世帯の子ども

副食費

保護者負担

副食費

給付

◆給付の対象となるのは、副食費(おかず代やおやつ代等)のみです。

◆主食費(米、麺、パン等)及び、預かり保育時に提供されるおやつ等は給付の

 対象外です。

◆給付月額上限額4,500円までの範囲で、保護者が実際に園に支払った副

 食費代が給付されます。ただし、副食費代の算出が難しい場合(外部搬入等)

 1日あたり225円を副食費相当額とします。

2.多子世帯の第3子カウント方法

多子世帯の第3子のカウント方法は、小学校3年生以下の範囲で、最年長の児童から順に数えて第3子以降となる児童が対象です。(小学校4年生以上は児童のカウントしません。)

給付年齢

3.申請及び給付方法

約半年分の利用料をまとめて申請します。幼稚園から配布される、「大山崎町実費徴収に係る補足給付補助金交付申請書」に必要事項を記入の上、幼稚園から発行される「給食費の提供及び副食費の領収書」と「マイナンバー関係書類」を添付して、封筒に園児名等を記載して封緘し、申請月に在籍する施設にご提出ください。

 申請月の翌月が支給月になります。1食当たりの副食費相当額(算出できない場合は225円)と月額上限4,500円を比較して低額なものを支給します。

利用期間 所得算定年度 甲府申請書提出期限 支払時期
4月~8月分 前年度の市町村民税所得割額 9月末 10月末振込
9月~3月 今年度の市町村民税所得割額 4月末(※) 5月末振込

※卒園された方は直接町教育委員会の窓口にご申請ください。

申請については、申請者のマイナンバー番号確認書類と身元確認書類が必要です

 (1) 番号確認書類 マイナンバーカードの写し又はマイナンバー通知カード

 (2) 身元確認書類 顔写真付き身分証明書(運転免許証など)もしくは身元確認できる書類(健康保険証、国民年金手帳

  など)2つ

※マイナンバーカードの写しを添付する場合は、身元確認書類の提出は不要です。

4.[副食費の請求手続きイメージ]

保護者が一旦給食費を施設に全額支払い、後日大山崎町から保護者に返還します。

副食費請求手続きイメージ

この記事に関するお問い合わせ先

学校教育課 学校教育係

〒618-8501
京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字夏目3番地
電話番号:(075)956-2101(代表) ファックス:(075)956-0131
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年12月24日